時間制約の少ない業務から積極的に依頼して、無駄なく使い切る

株式会社グラントシー 代表取締役 松本 将太郎様

 

オンライン秘書サービス「SUPPORT+iA」を利用して

 

—SUPPORT+iA導入のキッカケを教えて下さい

すでにSUPPORT+iAを導入されていたSEASIDE(シーサイド)様からのご紹介です。

SUPPORT+iA導入前は、バックオフィスのための人材がおらず、本業以外の細かい作業を誰に依頼するべきなのか毎回悩んでいました。特に、私個人で抱えているタスクを社員に依頼して良いものかということについても迷っていました。

そんな時にサービスの紹介を受けて、試しに使ってみようと思い導入しました。

 


—SUPPORT+iAでは、具体的にどのような業務を依頼しており、課題は解決されましたか?

半分は解決しました。

普段は勿論、特に繁忙期は、事業に直接関わること以外の簡単な作業に社内のリソースを使いたくなかったので、そういった作業は積極的に依頼しようと考えていました。

具体的には、調べものをまとめてもらったり、お歳暮/お中元などの手配、駐車場やシェアオフィス探しなどといった細々としたものをたくさん頼んだように記憶しています。その中でも、見積もりを沢山取ったり、業者選定の候補探しをしたりといった作業は、よくお願いしていました。

現在はこれらの業務に加えて、一次支援金の申請に関するものも依頼しています。

 


—現在SUPPORT+iAに依頼している業務以外で、今後依頼したいことはありますか?

先ほど半分解決したと言いましたが、今お願いしている業務は、比較的時間に余裕を持って依頼できるタスクが大半です。時間制約の少ないものは安心して頼めますが、緊急性があるものや、納期が直近のものはどこまで依頼できるものか測りかねています。

やりとりの中で「いつまでに完了させる」といったことが今よりも明確になってくれば、期日厳守の必要な作業やスピード感を求められるものも、より安心してお願いできるようになってくるのではないかと思います。

 


—SUPPORT+iAの対応のスピード感はいかがですか?

正直、遅いことはないですが、早い時と普通の時とで波があるのは事実です。

ただ担当の方が、その都度時間の消化率を教えてくれるのはすごく親切でありがたいと思っています。時間が残ってしまうと月額が無駄になってしまって勿体ないのですが、リマインドがあるおかげで、月末に余っていると何かお願いしようと思い出すことができるのでとても助かります。

これがあるかないかで、満足度が大きく変わってくるのではないでしょうか。

 


—どのような企業様にお勧めですか?

社長がなんでも一人でやっている場合や、総務・経理部門をもっていても一人で回しきれていないような場合には依頼しても良いと思います。

 


—他社にお勧めするSUPPORT+iA導入のメリットは?

バックオフィスが常になくても良い場合は、人材雇用のためのコストの削減、固定費を変動費にできるなどのメリットがあると思います。

依頼する側としては、低いコストから始められ、契約の縛りもないため、導入のデメリットは少ないと思います。

トップへ戻る